HOME>アーカイブ>戦略的に活用すれば採用活動において大きなプラスになります

費用は様々です

求人情報

昨今は人手不足が社会全体で深刻化しています。そのため従来と同じやり方で集めても、なかなか思う様に集まらない可能性があります。そうした時は、新たな求人の戦略として、求人広告を利用してみましょう。しかしここで気になるのが、求人にはいくらぐらいかかるのかという点です。いくら優れたサービスでも価格が高ければ厳しいものになります。結論から言えば、どの様な求人を載せるかでかなり価格が違ってきます。大手の求人でも、最も安いものであれば、掲載1から2週間で数万円で載せることも可能です。ですが大手の場合だと非常にたくさんの求人がありますので、目立たないかもしれません。そこで、その中でもさらに目立ちたいのであれば10万円以上の予算を組んで、掲載していくことも出来ます。ここで大切なのは自社の戦略です。具体的にどのぐらいの人数の募集を求めているのか冷静に判断して、最も適切な求人戦略を考える必要があります。

たくさんの募集が来ます

JOB

求人広告の特徴は何でしょうか。一番のポイントは、不特定多数の人達に一斉に知らせる事ができますので、たくさんの募集が来る可能性があることです。もしも複数人を採用したいのであれば、この広告は強みを発揮します。多くの募集の中から一度でたくさん採用できますので、効率良く採用活動を続けることができます。一度にたくさん取れば、その後の新人教育も効率良く出来ますので、ありがたいですね。また、自社の好みに合った人材も探しやすくなります。多数の応募の中から年齢や職歴からフィルターをかけて、自社の戦略とマッチした人材を迎え入れましょう。こうしたことが出来るのも多数の人材が募集してくる求人広告ならではの強みになります。